Wednesday, December 2, 2020
Home 博物館 パランガ琥珀博物館

パランガ琥珀博物館

パランガ琥珀博物館はリトアニアのパランガのバルト海沿岸にある修復された19世紀のTiškevičiai(ティシュケビチアイ)宮殿の中にあり、周囲はパランガ植物園となっています。 博物館が所蔵する琥珀コレクションは、約28,000点におよび、そのうち約15,000点には昆虫、クモ、植物などが閉じ込められています。 そのうちの約4,500個の琥珀が展示されおり、 これらの多くはアート作品やジュエリーのアイテムとなっています。 

バルト海沿岸は先史時代からユーラシアの琥珀貿易の中心地となってきました(「琥珀の道」を参照)。 19世紀にJuodkrantė付近で琥珀でできた新石器時代の遺物が発見されました(残念ながらこれらの遺物は20世紀の間に消えてしまいましたが)。 リトアニアの神話、民間伝承、そして芸術は、琥珀と深い関連があります。JūratėとKastytisの伝説には雷神Perkūnasによって粉々にされるバルティック海の中の琥珀の城が登場します。その破片が、バルト海の浜辺に今でも打ちあがる琥珀の源であると言われてきました。

パランガでは17世紀に琥珀産業が初めて登場しました。 18世紀の終わりまでにパランガはロシア帝国の琥珀産業の中心でした。 第一次世界大戦前の数年間に、年間約2,000キログラムの琥珀の原石がパランガで加工されていました。 

「琥珀の太陽(the Amber Sun)」または「太陽の石(the sun stone)」と呼ばれているヨーロッパ最大級の琥珀がこの博物館で展示されています。一般公開されている展示エリアは、約750平方メートルの広さで15の展示室があります。 宮殿に隣接した礼拝堂も時期によっては見学することもできます。 

1階部分は琥珀の形成と構成を説明する展示を見ることができます。 この地域の琥珀は、約4000万から4,500万年前に河川のデルタ状堆積物の中で生じました。樹液が微生物、酸化、および重合によって琥珀に変わっていく過程がわかりやすく示されています。変化の途中の状態のサンプル(すなわち、「琥珀の中の琥珀」)が表示されたコーナーもあります。 美術館には、ヨーロッパで3番目に大きい琥珀の標本「太陽の石」(大きさ210×190×150 mm、重さ2,526グラム)があります。世界の他の地域からの琥珀もコレクションされています。

 文化的および芸術的な展示コーナーには、15世紀の指輪、16世紀の十字架、および過去4世紀の琥珀の宝石類、そして数々のロザリオ、タバコ入れ、装飾用の箱などがあります。

植物園

約100ヘクタールの庭園が美術館を囲んでいます。庭園はフランスの造園家で植物学者でもあるエドゥアール・アンドレ(1840-1911)によって設計されました。地元の歴史家によると、もともとは約500種類の木や低木が植えられており、そのいくつかはベルリンの庭園から持って来られものだったと考えられています。現在は約250種の輸入植物種と370種の在来植物種がこの庭園に生息しています。 これらのうちの24種はリトアニアの1992年の絶滅危惧種リストに含まれています。 砂質土壌に適応した松やモミの木が多く植えられています

- Advertisment -

Most Popular

リトアニアのトップInstagramスポット

リトアニアには、あなたのInstagramや Facebook の投稿を彩ることを約束する画像を撮影できるであろう象徴的なスポットが多くあります。しかし、より多くの「いいね!」をもらいたい場合は、本当にユニークな、他にはないスポットを探す必要があります。以下で、特にインスタ映えする、ユニークなスポットをご紹介します。 ピンクの象 リトアニアの伝統的な冷えたビートのスープ、サルティバルシアイ(šaltibarščiai)を食べたことがありますか?食べたことがある人なら、その鮮やかなピンク色をよく知っているはずです。そして、リトアニアで2番目に大きな町カウナスでは、大きな壁一面に吹き付けられた同じ色を見つけることができます。この街の有名な「ピンクの象」は、リトアニア全体で最も有名な落書きの作品です。ピンクの気持ちと夢を鼓舞するためのものなので、その前でポーズをとる前に、気分を整えておきましょう。 住所:Ožeškienės g. 18, Kaunas

伝統的なリトアニア料理を味わう

ベルギーに行ったら世界で一番おいしいと言われるベルギーチョコを食べないなんてありえませんね。イタリアと言えばピザ、スペインと言えばパエリアというように、おいしい食事はどんな旅行にも欠かせないものです。では、リトアニアを訪れた観光客はどのような魅力的な味に出会えるのでしょうか。 リトアニア観光局は、専門家と1万人以上のリトアニア国民の協力を得てリトアニア料理の人気投票を行い、3日間の旅行の間で絶対食べるべきメニューを作成しました。リトアニアのレストランのメニューの中でも特に人気が高い15の料理がメニューに選ばれました。 以下、観光客が滞在中に食すべき人気の料理をご紹介します。 ŠALTIBARŠČIAI(ビートの冷静スープ)得票率84% 毎年夏になると、リトアニアはピンク色に染まります。地元の天然物 (キュウリ、ビートの根、ハーブ、ケフィア) を使った鮮やかなピンク色の冷たいスープ「Šaltibarščiai」が、太陽の光を浴びた食卓に登場します。Šaltibarščiaiは、世界で最も見栄えの良い冷たいスープと言われていますので、ぜひ写真を撮ってみてください。

鉄の狼の伝説

ゲディミナス大公は、ヴィルニア川の河口付近のシュヴェンタラギス渓谷の森で狩りをしていました。夜の帳がおりたあと、一行は、長い一日の疲れを感じ、キャンプ地を決めてそこで夜を過ごすことにしました。眠っている間、ゲディミナスはその日にヨーロッパバイソンを撃った山の頂上で鉄の狼を見るというおかしな夢を見ました。鉄の狼は顔を月に向けて誇らしげに山の上に立っていました。そして、百頭の狼がいるかと思うくらい大きな声で吠えました。 朝の光で目を覚ました大公は、昨晩の奇妙な夢を思い出し、それについて異教の司祭リズダイカに相談しました。司祭はその夢をこう解釈しました。「これはリトアニアの国と支配者に起こる運命を表している!」彼は夢の中に出てきたこれらの丘を目指していけば都市が見つかるだろうと言いました。オオカミの遠吠えは未来の都市の名声を表すと司祭は言います。広く響き渡る不思議な狼の遠吠えのように、都市の名声も広く長く広がるだろう、と。 そうして、リトアニア大公は、神々の意志に従って、すぐに将来の首都を築き始め、その名前をヴィルニアの河の流れから取り、 - ヴィリニュス - と名付けました。

ミサイル基地跡・冷戦博物館

かつての地下ミサイル基地は、再建後、新たに冷戦博物館として公開されています。迷宮のような地下施設やミサイルサイロを訪れ、冷戦時代のプロパガンダ(宣伝戦略)、核爆発の影響、そして軍事基地での生活について見学することができます。 ミサイル基地跡 米国が地下の軍事基地を建設し始めたとき、ソビエト連邦はどうにかしてその軍事的優位性を維持しなければならないと考えました。 そこで、ソビエト連邦は1960年9月、Plokščiai(プロクシュチイアイ)の村にソビエト初となる地下軍事基地を建設することを決定し、すぐに作業を開始しました。Plateliai(プラテリアイ)湖とPlokštinė(プロクシュティネ)の森の海岸は、軍事基地建設に最適な立地環境でした。

Recent Comments

נערות ליווי במרכזה on Radio Air Time Marketing: A New Strategy for the Economy