Friday, February 26, 2021
Home 食文化 伝統的なリトアニア料理を味わう

伝統的なリトアニア料理を味わう

ベルギーに行ったら世界で一番おいしいと言われるベルギーチョコを食べないなんてありえませんね。イタリアと言えばピザ、スペインと言えばパエリアというように、おいしい食事はどんな旅行にも欠かせないものです。では、リトアニアを訪れた観光客はどのような魅力的な味に出会えるのでしょうか。

リトアニア観光局は、専門家と1万人以上のリトアニア国民の協力を得てリトアニア料理の人気投票を行い、3日間の旅行の間で絶対食べるべきメニューを作成しました。リトアニアのレストランのメニューの中でも特に人気が高い15の料理がメニューに選ばれました。

以下、観光客が滞在中に食すべき人気の料理をご紹介します。

ŠALTIBARŠČIAI(ビートの冷静スープ)
得票率84%

毎年夏になると、リトアニアはピンク色に染まります。地元の天然物 (キュウリ、ビートの根、ハーブ、ケフィア) を使った鮮やかなピンク色の冷たいスープ「Šaltibarščiai」が、太陽の光を浴びた食卓に登場します。Šaltibarščiaiは、世界で最も見栄えの良い冷たいスープと言われていますので、ぜひ写真を撮ってみてください。

Kepta duona su sūriu ir česnaku (揚げ黒パンチーズ添え)
得票率46%

リトアニア人は黒パンを世界で一番食べます。その量、リトアニア人ひとりあたり年間平均110kgの黒パンを食べています。短冊切りにして油で揚げ、チーズとマヨネーズのソースにつけて食べる黒パンは、おつまみにもなり、地ビールとの相性も抜群です。

CEPELINAI(ツェペリナイ、ジャガイモ団子の肉詰め)
得票率72%

昔のツェッペリン 型飛行船の形をしたすりおろしジャガイモに肉を詰め、ベーコンの皮を添えて食べるこの料理は、あらゆる意味でリトアニア料理の重鎮と言えるでしょう。ツェペリナイがリトアニアの食生活の一部となったのは20世紀に入ってからですが、今ではリトアニア全土の家庭やレストランで提供される食事には欠かせないものとなっています。

ŠAKOTIS(シャコティス、木の形をしたケーキ)
得票率68%

この背の高いトゲのあるケーキはリトアニアのお祝い事で伝統的に食されています。リトアニアには、世界で唯一のシャコティス博物館(Šakotis Museum)があり、自分で作ってみることができます。

GIRA (ギラ)
得票率55%

茶パンの皮を使ったこの発酵飲料は、驚くほど爽やかで甘すぎません。リトアニアでは、りんご、キャラウェイシード、ビルベリー、イチゴ、その他のベリー類を使ったギラを試すこともできます。

11 COMMENTS

  1. I?m not sure where you are getting your information, but good topic. I needs to spend some time learning much more or understanding more. Thanks for fantastic info I was looking for this information for my mission. Angelique Paul Niko

  2. I think the problem for me is the energistically benchmark focused growth strategies via superior supply chains. Compellingly reintermediate mission-critical potentialities whereas cross functional scenarios. Phosfluorescently re-engineer distributed processes without standardized supply chains. Quickly initiate efficient initiatives without wireless web services. Interactively underwhelm turnkey initiatives before high-payoff relationships. Mead Wiley Forkey

  3. Super easy and tasty. I did this in a big crockpot and it only took 50 minutes total. So size of the crockpot plays an important role. Don’t let that scare you off though. It is so easy and good. I used wax paper in the pan and it still stuck. I had to fill a 9×13 cake pan with hot water and let the square pan sit in it for about 90 seconds and then it popped right out. Great holiday staple for the candy table. Dorothy Ode Dennie

  4. This is a really good tip especially to those new to the blogosphere. Short but very accurate information?Appreciate your sharing this one. A must read post! Doroteya Ellsworth Hans

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

リトアニアのトップInstagramスポット

リトアニアには、あなたのInstagramや Facebook の投稿を彩ることを約束する画像を撮影できるであろう象徴的なスポットが多くあります。しかし、より多くの「いいね!」をもらいたい場合は、本当にユニークな、他にはないスポットを探す必要があります。以下で、特にインスタ映えする、ユニークなスポットをご紹介します。 ピンクの象 リトアニアの伝統的な冷えたビートのスープ、サルティバルシアイ(šaltibarščiai)を食べたことがありますか?食べたことがある人なら、その鮮やかなピンク色をよく知っているはずです。そして、リトアニアで2番目に大きな町カウナスでは、大きな壁一面に吹き付けられた同じ色を見つけることができます。この街の有名な「ピンクの象」は、リトアニア全体で最も有名な落書きの作品です。ピンクの気持ちと夢を鼓舞するためのものなので、その前でポーズをとる前に、気分を整えておきましょう。 住所:Ožeškienės g. 18, Kaunas

伝統的なリトアニア料理を味わう

ベルギーに行ったら世界で一番おいしいと言われるベルギーチョコを食べないなんてありえませんね。イタリアと言えばピザ、スペインと言えばパエリアというように、おいしい食事はどんな旅行にも欠かせないものです。では、リトアニアを訪れた観光客はどのような魅力的な味に出会えるのでしょうか。 リトアニア観光局は、専門家と1万人以上のリトアニア国民の協力を得てリトアニア料理の人気投票を行い、3日間の旅行の間で絶対食べるべきメニューを作成しました。リトアニアのレストランのメニューの中でも特に人気が高い15の料理がメニューに選ばれました。 以下、観光客が滞在中に食すべき人気の料理をご紹介します。 ŠALTIBARŠČIAI(ビートの冷静スープ)得票率84% 毎年夏になると、リトアニアはピンク色に染まります。地元の天然物 (キュウリ、ビートの根、ハーブ、ケフィア) を使った鮮やかなピンク色の冷たいスープ「Šaltibarščiai」が、太陽の光を浴びた食卓に登場します。Šaltibarščiaiは、世界で最も見栄えの良い冷たいスープと言われていますので、ぜひ写真を撮ってみてください。

鉄の狼の伝説

ゲディミナス大公は、ヴィルニア川の河口付近のシュヴェンタラギス渓谷の森で狩りをしていました。夜の帳がおりたあと、一行は、長い一日の疲れを感じ、キャンプ地を決めてそこで夜を過ごすことにしました。眠っている間、ゲディミナスはその日にヨーロッパバイソンを撃った山の頂上で鉄の狼を見るというおかしな夢を見ました。鉄の狼は顔を月に向けて誇らしげに山の上に立っていました。そして、百頭の狼がいるかと思うくらい大きな声で吠えました。 朝の光で目を覚ました大公は、昨晩の奇妙な夢を思い出し、それについて異教の司祭リズダイカに相談しました。司祭はその夢をこう解釈しました。「これはリトアニアの国と支配者に起こる運命を表している!」彼は夢の中に出てきたこれらの丘を目指していけば都市が見つかるだろうと言いました。オオカミの遠吠えは未来の都市の名声を表すと司祭は言います。広く響き渡る不思議な狼の遠吠えのように、都市の名声も広く長く広がるだろう、と。 そうして、リトアニア大公は、神々の意志に従って、すぐに将来の首都を築き始め、その名前をヴィルニアの河の流れから取り、 - ヴィリニュス - と名付けました。

ミサイル基地跡・冷戦博物館

かつての地下ミサイル基地は、再建後、新たに冷戦博物館として公開されています。迷宮のような地下施設やミサイルサイロを訪れ、冷戦時代のプロパガンダ(宣伝戦略)、核爆発の影響、そして軍事基地での生活について見学することができます。 ミサイル基地跡 米国が地下の軍事基地を建設し始めたとき、ソビエト連邦はどうにかしてその軍事的優位性を維持しなければならないと考えました。 そこで、ソビエト連邦は1960年9月、Plokščiai(プロクシュチイアイ)の村にソビエト初となる地下軍事基地を建設することを決定し、すぐに作業を開始しました。Plateliai(プラテリアイ)湖とPlokštinė(プロクシュティネ)の森の海岸は、軍事基地建設に最適な立地環境でした。

Recent Comments