Sunday, November 29, 2020
Home リトアニアの驚き 中世都市で最も裕福な男

中世都市で最も裕福な男

ハングマンは、リトアニア大公国における特定の小集団の都市であり、14世紀末に自治権が与えられていました(主にマクデブルクの権利に基づいて)。 市は独自の裁判所を持つ権利があり、ハングマンなしに刑事訴訟を起こして刑を執行することは不可能でした。

マクデブルクの権利は1387年にビリニュスによって受け入れられたので、最初の市庁舎はその当時に建設されたとされています。 典型的な都市規模の法廷、事務所、財務省、書庫、穀物倉庫、武器倉庫がありました。 市庁舎の近くにははりつけの柱があり、必要なときは梁がありました。 市庁舎の建物には今でも、犯罪者の頭が落ちたオークボードが保管されています。 マクデブルクの権利の導入により、重要かつ高給の役職、ハングマンが出現しました。

拷問と様々な処刑は特別な訓練を必要とした。マスターの資格を持つ人だけが、絞首刑執行人の職務をひとりで遂行することができました。リトアニア内でこの専門を学ぶ場所がなかったので、彼らは西ヨーロッパまで出て勉強しなければなりませんでした。彼らは「マスター」または「コタ」と呼ばれ、アシスタントは「サブマスター」または「ステッパー」と呼ばれました。通常特別な赤い服を着ていました。処刑道具は判決によって定められました。特殊な拷問の道具は特別注文に基づいて大工と鍛冶屋によって作られました。

処罰のメニューは窃盗、殺人、その他の事件の捜査結果によって決まりました。町の執行人も教会の判決を執行しました。このように、市の執行人は、正義を守る人として、州全体にとって重要でした。ちなみに当時は、妊娠中の女性および14歳未満の人々を拷問することは禁じられていました。ラテン語でprimo、secundo、tertioの3段階で拷問は段階的に区別されています。執行者たちは、死刑宣告された者に対して拷問と刑を執行しました。彼らは、ペンチで肉をそぎ、頭を切り刻み、身体を切り刻みました、火葬したり、地面に埋めたり、耳を切り刻みました。最もひどい処罰は車輪にする刑でした。罪人の骨を折った後、車のスポークの中に体を入れ、それを長い高いところに持ち上げてすべての住民に見えるようにしました。

西ヨーロッパでは、ハングマンは刑の執行人としてだけでなく、傷を癒したり、食肉処理をしたり、医療手術を行う権利も持っていました。獣は通常ビリニュスの街の外にいました。ビリニュスでは、夜明けの門から外のルドゥンカイに向かって特別なフックで戦っていました。

17世紀の後半と18世紀の間に、助手を持つハングマンは、法と秩序のため他の機能も果たしました。 彼らは市の刑務所にいる囚人の世話をし、死者を埋め、野良動物(犬、猫、豚)を見つけ、通りから動物の死体を取り除き、糞を処理しました。

死刑執行人は、1,000の頭を切った刀は1001人目として死刑執行人自身を襲うという迷信を持っていました。そのため、彼らはしばしばそうなる前に、秘密のアクセスできない場所に刀を埋めました。 治安判事は、新しい道具をそろえる追加の費用を負担を嫌い、これらの迷信を信じませんでした。 例えば、1675年、絞首刑執行人の死後、そのような刀は償還され、次期の予算に入れられました。

「私が刀を持ち上げるとすぐに、それは永遠の命への罪深い願望を示した」と処刑の道具についての碑文が証明されています。 死刑執行人は神の前で彼らの職業を正当化しようとしました。

死刑執行人の仕事は報われました。彼らは市政府の代表以上の報酬のを受け取ったので、経済的に強い都市だけが彼らを雇うことができました(ビリニュス、カウナス、ケダイナイ、モヒレフ、グロドノ、リダ)。ビリニュス市の18世紀の死刑執行人は、拷問、大虐殺の除去、死体埋葬のための余分な収入を考慮に入れずに、300金貨の年間給与を受け取りました。当時の市の職員の平均的な給与は250金貨でした。また執行人は休暇シーズン人ると贈り物が贈られていました。


LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -

Most Popular

リトアニアのトップInstagramスポット

リトアニアには、あなたのInstagramや Facebook の投稿を彩ることを約束する画像を撮影できるであろう象徴的なスポットが多くあります。しかし、より多くの「いいね!」をもらいたい場合は、本当にユニークな、他にはないスポットを探す必要があります。以下で、特にインスタ映えする、ユニークなスポットをご紹介します。 ピンクの象 リトアニアの伝統的な冷えたビートのスープ、サルティバルシアイ(šaltibarščiai)を食べたことがありますか?食べたことがある人なら、その鮮やかなピンク色をよく知っているはずです。そして、リトアニアで2番目に大きな町カウナスでは、大きな壁一面に吹き付けられた同じ色を見つけることができます。この街の有名な「ピンクの象」は、リトアニア全体で最も有名な落書きの作品です。ピンクの気持ちと夢を鼓舞するためのものなので、その前でポーズをとる前に、気分を整えておきましょう。 住所:Ožeškienės g. 18, Kaunas

伝統的なリトアニア料理を味わう

ベルギーに行ったら世界で一番おいしいと言われるベルギーチョコを食べないなんてありえませんね。イタリアと言えばピザ、スペインと言えばパエリアというように、おいしい食事はどんな旅行にも欠かせないものです。では、リトアニアを訪れた観光客はどのような魅力的な味に出会えるのでしょうか。 リトアニア観光局は、専門家と1万人以上のリトアニア国民の協力を得てリトアニア料理の人気投票を行い、3日間の旅行の間で絶対食べるべきメニューを作成しました。リトアニアのレストランのメニューの中でも特に人気が高い15の料理がメニューに選ばれました。 以下、観光客が滞在中に食すべき人気の料理をご紹介します。 ŠALTIBARŠČIAI(ビートの冷静スープ)得票率84% 毎年夏になると、リトアニアはピンク色に染まります。地元の天然物 (キュウリ、ビートの根、ハーブ、ケフィア) を使った鮮やかなピンク色の冷たいスープ「Šaltibarščiai」が、太陽の光を浴びた食卓に登場します。Šaltibarščiaiは、世界で最も見栄えの良い冷たいスープと言われていますので、ぜひ写真を撮ってみてください。

鉄の狼の伝説

ゲディミナス大公は、ヴィルニア川の河口付近のシュヴェンタラギス渓谷の森で狩りをしていました。夜の帳がおりたあと、一行は、長い一日の疲れを感じ、キャンプ地を決めてそこで夜を過ごすことにしました。眠っている間、ゲディミナスはその日にヨーロッパバイソンを撃った山の頂上で鉄の狼を見るというおかしな夢を見ました。鉄の狼は顔を月に向けて誇らしげに山の上に立っていました。そして、百頭の狼がいるかと思うくらい大きな声で吠えました。 朝の光で目を覚ました大公は、昨晩の奇妙な夢を思い出し、それについて異教の司祭リズダイカに相談しました。司祭はその夢をこう解釈しました。「これはリトアニアの国と支配者に起こる運命を表している!」彼は夢の中に出てきたこれらの丘を目指していけば都市が見つかるだろうと言いました。オオカミの遠吠えは未来の都市の名声を表すと司祭は言います。広く響き渡る不思議な狼の遠吠えのように、都市の名声も広く長く広がるだろう、と。 そうして、リトアニア大公は、神々の意志に従って、すぐに将来の首都を築き始め、その名前をヴィルニアの河の流れから取り、 - ヴィリニュス - と名付けました。

ミサイル基地跡・冷戦博物館

かつての地下ミサイル基地は、再建後、新たに冷戦博物館として公開されています。迷宮のような地下施設やミサイルサイロを訪れ、冷戦時代のプロパガンダ(宣伝戦略)、核爆発の影響、そして軍事基地での生活について見学することができます。 ミサイル基地跡 米国が地下の軍事基地を建設し始めたとき、ソビエト連邦はどうにかしてその軍事的優位性を維持しなければならないと考えました。 そこで、ソビエト連邦は1960年9月、Plokščiai(プロクシュチイアイ)の村にソビエト初となる地下軍事基地を建設することを決定し、すぐに作業を開始しました。Plateliai(プラテリアイ)湖とPlokštinė(プロクシュティネ)の森の海岸は、軍事基地建設に最適な立地環境でした。

Recent Comments